話題のiiphoneXのケースについて

昨年11月に発売され、今なお人気のiphoneX、有機ELディスプレイ採用、ホームボタンがなくフルスクリーンの先進的デザイン、顔認証機能があるといった特徴もあり、一時期品薄になるほどとなりました。形状も大画面でありながら縦長になり、これまでのiphoneよりも持ちやすくなりました。価格は徐々に下がってきていますが、まだまだ高価なiphoneX、使うなら保護ケースは必須です。自分らしさをアピールできる部分でもあり、こだわりたいですね。iphoneXのデザインを損なわないシンプルなケース、オシャレな雰囲気のバンパーケース、使い勝手がよい手帳型ケースと種類も豊富です。保護することを目的に選ぶか、おしゃれさを目的に選ぶかはあなた次第。周りと差がつくケースでiphoneXを自分好みに変身させたいですね。

iphoneXのデザインを損なわないケース選び

シンプルなデザインのiphoneXを引き立てるケースなら、ケースの存在感がわかりにくいような薄型タイプが人気です。お好みのカラーや質感を選ぶことができ、フィットするのでiphoneXのデザインを邪魔しません。ポケットに入れて歩く方におすすめなのは耐衝撃性のあるケースがおすすめです。高価なiphoneXなので、できるだけ大切に使いたいという方におすすめです。厚みが出てしまうと嫌煙されがちな手帳タイプも最近はずいぶん薄型になってきているので使いやすいです。動画を見る時にはスタンドにもなるので便利です。またカードホルダーが付いているものが多いので、使い勝手抜群です。注意点もあります。ワイヤレス充電をしたい方はケースの厚みは3㎜までのものを選ぶようにしましょう。また、ガラスフィルムはケースの形状に合ったものを選びましょう。

iphoneXのケースはどうする?タイプも素材もいろいろ

iphoneXのケース選びは使い方と好みでいろいろ楽しめます。中でも純正のタイプは上質感があり安定したつくりが魅力です。価格はシリコンタイプで4,8000円程、レザーケースで5,800円と高めですが、純正ならではのジャストフィット、質もよく無駄な厚みも出ないのでおすすめです。純正の中でも一押しはレザー手帳型タイプで10,800円です。手帳の蓋を閉じるとスリープ状態になるといった機能もあり、使い勝手抜群です。また、できるだけ安くシンプルにしたいといった方には熱に強い、ポリカーボネートという素材でできたクリアケースです。価格は1,000円程度と手ごろで、まるでケースを付けていないような状態です。重さも10グラムと主張せず、iphoneXの良さが一番引き立つケースと言えます。